かとう家の小ばなし

移住、仕事、子育て、森のようちえん、起業、アウトドア

キャンプにおすすめの飯盒(はんごう)をガスコンロとスノーピークの焚火台で試してみた。

 最近、飯盒を購入しました。

f:id:chibo1217:20180406133116j:plain

普段の食事の準備に飯盒を使っている方を本で見かけたり、キャンプでも役立ちそうで、ずっと気になっていたんです。

こちらは、4合炊きです。

 

f:id:chibo1217:20180406133120j:plain

中蓋(左上)がついていて、約2合計量できます。

2合分のお米と水はこんな感じ。このまま1時間置き、お米に水を浸透させます。

f:id:chibo1217:20180406133648j:plain

自宅のコンロでトライ!

まずは自宅のコンロで試してみました。

沸騰するまでは弱火。沸騰後、強火にして、水が噴き出したら再び弱火にします。

f:id:chibo1217:20180406133657j:plain

パチパチと音が聞こえてきたら、水が無くなってきたサインなので、この状態で2~3分様子を見て火を消します。(この時間を長くとると、おこげがたくさんできると思います。)

f:id:chibo1217:20180406133700j:plain

ひっくり返して、15分くらい蒸らしました。いろいろ調べてみましたが、ひっくり返しても返さなくても、あまり変わりはないようです。

f:id:chibo1217:20180406133705j:plain

f:id:chibo1217:20180406133711j:plain

自宅のガスコンロでは、炊きあがりまで30分弱でした。(内、蒸らし時間15分)

おこげはあまりできていませんが、とてもおいしく炊けました!

また、キャンプ等で試して、たき火等で炊いた様子を追記したいと思います。

【追記】キャンプで飯盒炊飯にトライ!

5月のGWにスノーピークの焚火台を使って、飯盒炊飯をやってみました。

火を起こして、状態が落ち着いてから網の上に飯盒を置きます。

f:id:chibo1217:20181205145107j:plain

その後は飯盒の位置なども変えることなく、たまに蓋を開けて中の状態を確認しながら、炊きあがりを待つだけ。

無事、炊きあがりました!

f:id:chibo1217:20181205145111j:plain

余ったご飯は、翌日焼きおにぎりにしていただきました!

f:id:chibo1217:20181205145609j:plain

こちらの記事もおすすめ!

【DIY】キャンプ用のミニテーブル(赤脚)を作ってみた! - かとう家の小ばなし

キャンプ道具の収納などに便利!無印の頑丈ボックス用のテーブルを作ってみた - かとう家の小ばなし

防災グッズとしても活躍する、アウトドアグッズまとめ - かとう家の小ばなし