かとう家の小ばなし

移住、仕事、子育て、森のようちえん、起業、アウトドア

習慣がつくる暮らし

f:id:chibo1217:20171226144547j:plain

すっかり冷え込んできて、外遊びをする時にもちょっと身構えてしまう日が増えました。

が・・・、私は森のようちえんの主催者なので、毎週火曜と金曜は必ず外遊びをしています。

 

寒いのに外遊びをするのって大変だね!と思われるかもしれませんが、正直なところ、子どもを連れて今日は何をしよう、外へ行こうか行くまいか、児童館に行こうかなど、あれこれ考える方が、私にとっては大変で。

 

この日は外で遊ぶ!と決めて、後はそのルールに従うだけ、という方がずいぶんとラクなんです。

 

何かを決めたり、決めるために考えたりすることは、エネルギーを必要とします。

今日の晩御飯すら考えるのがおっくうな日もありますよね・・・。

だからこそ、夜寝る前の歯磨きのように、自分が必要だと感じていることを無意識にできる、習慣レベルにまで落とし込めているとラクなんです。

 

暮らしと習慣

こうして考えてみると、私たちの暮らしは習慣のかたまりなんだなあと実感します。

 

先日、テレビで稲刈りの様子が映った時に、「あっ、これ、この前〇〇ちゃんとやったね~。」と、娘が話していました。

 

あー、こうやって経験が積み重なっていくのか。

子供たちは日々何を思って過ごしているのだろう、と観察していますが、ああ伝わってるんだ、分かってるんだと感じることが、ふとした瞬間にあらわれます。

 

ちょうど4年前に見た、映画「よみがえりのレシピ」に出てくるおばあさんの言葉も印象的でした。(大量生産・流通システムには不向きで、途絶えかけていた庄内の在来作物を受け継いでいく人たちの物語。)

 

「種を選別する作業を手伝ってくれる(2歳位の)孫が、道端に落ちていた種を見つけて、ばあばの「宝物」が落ちてたよーと拾ってきてくれたんですよ。」 

 

大人の背中をちゃんと見てるんですよね。 

 

習慣をつくるフィルター

何が習慣になって、習慣にならないかは人それぞれで、そこに個性があらわれる。

その人のフィルターを通り抜けたものだけが、習慣になっていくような気がしています。

 

私にできることは、親のフィルターを通したものを子どもに与えるのではなくて、子どもが自分自身のフィルターをつくれるように、サポートをしてあげること。

さくちゃんの言葉が、とてもしっくりきています。

 

 こどもが大人になるまでに親ができることは、自立するときに「これは母の価値観だ」とわかるように、わかりやすくタグ付けしてあげることかなと思う。

 わたしは、「○○しなさい」「○○はやめなさい」と言わずに「わたしは○○だと思う」と言うように気をつけてきた。「これはわたし個人の意見です」とタグ付けをしていた。

 なので、小学生の時から娘はわたしと意見がちがうときに「あー、ママちん(わたしのこと)ならそうかもねー」「ママちんはそう言うと思った」などと言う。

引用元:「卒母」するために必要なことを考えた。|桜林 直子(サクちゃん)|note

 

「その考えもいいね、おもしろいね。でも、私はこう思うんよ。」

そんな会話ができる日を楽しみに過ごしていきたいと思います。