かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

「自分ファースト」な育児

 

f:id:chibo1217:20170731100854j:plain

暑い日が続きますが、みなさん元気に過ごされてますでしょうか?

わが家は2人目が生まれ、お姉ちゃんは産前産後の保育園に通いはじめて、新しい環境に突入しました。

 

2人目が生まれる前、

上の子の赤ちゃん返りとかには気をつけて!

とにかく上の子のケアが必要!

と言われていました。

 

でも実際のところ、うちは大丈夫じゃないか!?、とちょっと楽観的に考えていたんですが、期待はあえなく破られ、上の子のいやいや期が激しくなるというかたちでやってきました。

 

そんな状況の中、上の子と遊ぶ時間をできるだけ増やしたり、やりたいということには極力時間を割いていたのですが、ある問題に気づきました。

「お姉ちゃんファースト」で対応したくても、夜中の授乳などで睡眠不足だと、自分の体がついていかないし心に余裕がないのです。

母がサポートに来てくれていたときはとよかったけれど、あっこれは無理だ!と早々に気づいた私は「自分ファースト」でいくことに決めました。

 

疲れたら寝る、食べたいものを食べる、夜はノンアルコールビール、読みたい本は買う。小さい赤ちゃんを連れて暑い中出かけるのも難しい、旦那は相変わらず忙しそうで、家にいる時もほとんど仕事をしている。

そんな状況なので、まずは、自分の心の余裕をとことん広げてからお姉ちゃんファーストだ!

 

何を思い出として残したいか

保育園では楽しくやっているようなのですが、私の姿が見えたり、園の外に出るとどうも甘えたい様子。

先日は、保育園からの帰りに門の前で「帰らない!だっこ!」と言って座り込む状況が10分くらい続きました。

 

30℃以上ある中、1ヶ月児を抱っこして汗だくな私は(その前には園庭での遊びにおつきあいしている)、まじかー、と仕事で忙しい旦那を呪いつつ、なんとかその場をやり過ごしました。

 

そしてふと思ったんです。こうやって、日々なんとかやっていけるのは、自分に心の余裕があるからだと。

今の状況で私がやるべきことは、忙しい旦那をひたすら呪い続けることでもなく、ああ、あんなに大変だったのに、私めっちゃ頑張ったわ!と自分の頑張りに酔いしれることでもない。

 

できることなら、数年後ちょっと落ち着いて振り返った時に、あの時もあの子たちかわいかったよね!と、そんな記憶で思い出したい。

だから、毎日ノンアルコールビールの缶を開けても、好きなだけ本を買っても、週に2、3回くらい寿司とか食べちゃっても許されるだろう。

 

そんなわけで、今年の夏はご自愛しながら駆け抜けたいと思います~。

夏バテには気をつけましょう!