かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

MENU

【愛媛県松山市】えほんの店 コッコ・サン with 明屋書店へ行ってきた!

f:id:chibo1217:20170505224520j:plain

GW初日、旦那のコンタクトづくりと本屋めぐりということで、久々に松山の中心街へ行ってきました。

 

地方暮らしを楽しみ、大抵のものは近所のお店やネットで手に入るわけですが、本好きとしては、たまに大きな本屋さんへ行きたくなります。

 

というわけで、銀天街の中にある「えほんの店 コッコ・サン with 明屋書店」へ行ってきました。

 

高知市の絵本・おもちゃの専門店 | コッコ・サン

 

店内では、おすすめ本の表紙が見えるように展示されていて、子どもに限らずテンションが上がります。

 

f:id:chibo1217:20170505082725j:plain

 

近くの図書館でも、季節の本をこうやって紹介してくれているのですが、スペースの関係とかでこんなに大規模に展示するのは難しそうで、見たことのない絵本もたくさん。

 

娘に負けず夢中になり、ほとんど写真をとってないのですが、下記の本をまた読んでみたいし、個人的に好みなので部屋に置いたりしたいなあと考えています。

 

 

「おつきさまこんばんは」は知ってるけど、なにみてるもあるんですねー。というか、おつきさま関係の絵本って結構あるんだと新たな発見! 

 

 

「スプーンさん」は 図書館にあるみたいなので、まず借りてみよう!シリーズの他の絵本も気になる。

 

  サンドイッチも気になる・・・。

 

もう少し大きくなったら、ヨシタケさんの本もいいなあ。というか、このシリーズは今、自分のために買いたいくらい。

 

改めて絵本を見てみると、自分の小さいときの記憶を思い出したり、大事なことって今も昔も変わらないんだなあといろんな気づきがあって面白いですね。

そして、かんたんな言葉で難しそうなことに気づかせてくれるから、新鮮な学びもある。

 

お店の一角には、木のおもちゃがたくさんあったり、授乳やおむつ替えができるスペースもあるので、ゆっくり楽しむことができておすすめです。

 

結局、我が家はおかあさんと一緒でも歌われていたクレヨンの絵本を購入して帰りました。

 f:id:chibo1217:20170506094602j:image

どんないろがすき (あかちゃんといっしょ0・1・2)

 

渡辺さんの下記のツイートも頭の片隅に置きながら、楽しめる本棚をつくっていけたらと思います~。 

 

 

広告を非表示にする