読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

MENU

移住者だからといって、何者かにならないといけないわけじゃない

 f:id:chibo1217:20160901231548j:plain

                                                                             (photo by Miyuki Shimizu)

どうも、ヨメです。

ここしばらく、政府の後押しもあり、移住がブーム?になっている様子を見ていてもやもや考えていることがありました。

 

移住を特集した雑誌やライフスタイル誌などで、何かをはじめた、何かに奮闘している移住者が取り上げられていて、なんだか、何かをはじめて、何かに奮闘しなければ移住しちゃいけないような雰囲気になってやしないかとなあと。

それって、移住を考えている人たちのハードルを上げるような動きになってないかなあと考えていました。

 

確かに雑誌なので、先進事例などの新しい動き、何か読者に手にとってもらえるような情報を提供しなければならないのでしょう。

でも今の流れを見ていると、特に新しい動きとか、何もしていないけど楽しく過ごしている移住者もいるよ。的な情報ももっと出てきてもいいような気がするんです。

地味かもしれないけど。

 

そして実際、私自身も何かしなきゃいけないんじゃないか!と考えてしまったことがありました。すごいなあー、みんな何か自分たちで事業を起こしたり、なんかスタートしたりして、すごいなあ、私、何もしてないけど・・・汗とか。

 

そんな日々をおくっている時、九州に暮らしている田舎暮らしの大先輩にかけてもらった一言が、私の何かやらないといけないんじゃないか呪縛を解き放ってくれました。

 

「まずは田舎暮らしを楽しんで!」

 

そう言ってもらったんです。

この言葉で、

「そうだ!私はやりたいことがあって移住したのもあるけど、まずは楽しく暮らしたいから移住したんだった! 」

と大切な原点を思い出しました。

おかげさまで、この言葉をかけてもらってからは、悔しいことや力不足を感じることもあるけれど、毎日楽しく暮らしています。

 

そんな私の楽しみは、こんな感じです。じゃじゃん。地味です笑

 

・たくさんいただく野菜をいかに、バリエーション豊かにおいしく料理するかに取り組むこと。

・数日間、スーパーに行かない(産直や直接作り手さんから仕入れる、買いに行く)

・できるだけ、友達や知っている人、近い場所で作られた食材、食べものを買う

・家をDIYで改修する

・畑で野菜を育てる

・土日は身近な自然の中で遊ぶ

・娘を思う存分に遊ばせて(できるだけ屋外で)、寝かしつけなくても寝てくれる状況をつくり出す

 

まだあると思うんですが、今思いつくのはこのくらい。

よくよく考えてみると、上に挙げたもののほとんどは、都市で暮らしていたら実現できないことばかりでした。

というわけで、田舎暮らしを満喫しています。

 

移住して何かをはじめてもいいし、はじめなくてもいい。

せっかく決断して生き方を変えたのだから、暮らしを楽しむことからはじめてみるのもいいんじゃないでしょうか!

 

広告を非表示にする