かとう家の小ばなし

移住、仕事、子育て、森のようちえん、起業、アウトドア

妊娠・出産と銀歯とわたし

 f:id:chibo1217:20180211202341j:image

出産にはいろいろある・・・・

と言われるけれど、昨年次女を出産した私にとってのそれは、歯がどんどん悪くなるという体験でした。

妊婦歯科検診で虫歯が見つかり、その数日後、ピザを食べているときに、プラスチックの被せものが割れました。

出産後には、さらに別の銀歯が取れて、虫歯の拡大を発見し、最終的には神経をとることに。

その上、最近も別の銀の被せ物がとれてしまい、通院中です。

とどめとして、虫歯のために近々親知らずを抜きます・・・2本、とほほ。

 

歯磨きもして、歯のクリーニングにも通っていたのになあ。(マメにとは言わないけど)

さすがにここまでくると落ち込みます。

 

あまりに落ち込み、「歯 ぼろぼろ 出産」というワードで検索したのですが、同じような悩みを抱えている人は少なくないようでした。

妊娠すると、ホルモンバランスや唾液のphの変化によって、虫歯になりやすくなるそうです。

昔は「子どもを1人産むと、歯が1本無くなる」言われていたのだとか。

出産を重ねると歯がボロボロに? │asQmii[解決!アスクミー] JIJICO

 

もちろん、自身の歯が悪くなっていっただけでなくて、被せ物の耐用年数も原因の1つにあると思います。体質にも関係すると言われていますし。

ただ、ここまで一気に連続してやってくると、出産もやっぱり原因の1つかと。

ということで、今まで以上に歯を大切にしていきたいと思います。

やっぱり予防が大切ですね。

 

みなさんも、特に妊娠・出産を控えている方は歯を大事にしてくださいね。

現場からは以上です!泣