かとう家の小ばなし

移住、仕事、子育て、森のようちえん、起業、アウトドア

皮からつくる、中国餃子のつくり方を学んできた。

先日、中国での勤務経験がある友人に、中国餃子の作り方を教えてもらいました。

ざっくりしたレシピはこちら。

生地(餃子だいたい40個分)
  • 小麦粉・強力粉 それぞれ75gずつ
  • 塩  ひとつまみ
  • 水  75〜90ml
  • 豚ひき肉       200g
  • ねぎ(白い部分) 1本分
  • 白菜 葉っぱだいたい6枚ぐらい
  • 干ししいたけ 2つと戻し汁大さじ1(※冷蔵庫で戻すのがポイント)
  • 昆布  5cm角と戻し汁大さじ1(※冷蔵庫で戻すのがポイント)
  • オイスターソース 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • お酒 大さじ1
  • にんにく 1片
  • しょうがチューブ2〜3cm(お好みで)
  • 塩こしょう 適量

味付けは黒酢×胡椒もしくは、中華スープ(お好みで!)

おおまかな流れ
  1. 生地をつくって40分くらい寝かす。
  2. その間に具材を切って肉・調味料と混ぜ合わせる。
  3. 生地を細かくちぎって、3cmくらいのボール状に分け、麺棒でのばす。
  4. 餃子を包む。
  5. 餃子を茹でる。(完成)

 

粉類と塩をさっと混ぜます。

f:id:chibo1217:20180123192940j:plain

 

分量の水を入れて混ぜ、1つにまとまるようにします。

f:id:chibo1217:20180123192947j:plain

 

まんべんなく水がいきわたり、ひとまとまりになったら、ラップをして40分以上おきます。(1つのかたまりが、餃子だいたい40個分の生地)

f:id:chibo1217:20180123192953j:plain

 

必要な調味料を入れて、肉と混ぜます。

f:id:chibo1217:20180123192957j:plain

 

にんにく、昆布やしいたけ、白菜、ネギはみじんぎりに。

f:id:chibo1217:20180123193033j:plain

 

混ぜ合わせるとこんな感じ。

f:id:chibo1217:20180123193136j:plain

これで具のできあがり。

 

しばらくおいた生地はしっとり。

f:id:chibo1217:20180123193146j:plain

 

直径3cmくらいの小さな丸に分けていきます。

f:id:chibo1217:20180123193157j:plain

 

その後、ひっつかないように片栗粉をひいたりしながら、生地をのばしていきます。

f:id:chibo1217:20180123193204j:plain

 

あんまり薄くしすぎると、穴が開いてしまうのでご注意を!

f:id:chibo1217:20180123193217j:plain

 

市販の皮と違って、のびやすいしくっつきやすいから、具を包んで閉じる作業に水は不要です。

f:id:chibo1217:20180123193232j:plain

 

f:id:chibo1217:20180123193312j:plain

 

沸騰したたっぷりのお湯に大さじ1の酢を入れて、餃子を茹でていきます。

f:id:chibo1217:20180123193324j:plain

 

最初は沈んでいた餃子が徐々に浮かんできます。全部浮かんだら、差し水をして、これを計3回繰り返します。(浮く→差し水→浮く→差し水→浮く)

f:id:chibo1217:20180123193341j:plain

 

最後に浮き上がった餃子をすくって完成!

f:id:chibo1217:20180123193348j:plain

 

用意してもらった黒酢と胡椒、中華スープの2種類で味見しました。

f:id:chibo1217:20180207230805j:plain

 

f:id:chibo1217:20180207230812j:plain

 

特に、黒酢×胡椒の組み合わせが最高でした。

 

次回は、肉まん、青菜まんがつくれるかも!