かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

子連れ台湾ぶらり旅【2日目】台湾の昔と今がつまった「好,丘」散策と九份まで鉄道でGo!

f:id:chibo1217:20160817114412j:plain

MRT「台北101/世貿」駅から歩いて5分の場所にある好,丘。

もともとは「四四南村」といわれる軍人村でした。

その後時代を経て彼らは別の場所へ移ることになったのですが、その際、文化保存運動が起きて一部の建物は「歴史建築物」として残されることになりました。

好,丘はそんな歴史的建造物がリノベーションされた場所で、文化遺産保全地区にあります。

 

後ろに見える背の高いビルが台北101

f:id:chibo1217:20160818143335j:plain

 

f:id:chibo1217:20160817114522j:plain

 

「好,丘」

 カフェと雑貨を展開する「好,丘」(=good cho’s)の入口。

f:id:chibo1217:20160817114604j:plain

 

good choiceという店名どおり、台湾にある厳選されたいいものが並んでいます。

f:id:chibo1217:20160817114630j:plain

 

お茶の入ったかわいい缶。

f:id:chibo1217:20160817143538j:plain

 

f:id:chibo1217:20160817143638j:plain

 

台湾的刺繍~。 

f:id:chibo1217:20160817143712j:plain

 

マスキングテープも見たことのないデザイン。箱に入っているのが新鮮です。

f:id:chibo1217:20160817145308j:plain

 

旅行前から目をつけていたかわいいキーホルダー。

f:id:chibo1217:20160817151829j:plain

私は炊飯器をゲット。家の鍵のキーホルダーとして愛用中です。

 

買い物中もふと顔をあげると、なんだか懐かしさを感じる光景が目に飛び込んできます。

f:id:chibo1217:20160817170847j:plain

 

店舗奥はカフェスペースになっています。

f:id:chibo1217:20160817114658j:plain

 

おいしそうなベーグルがずらり。

f:id:chibo1217:20160817114856j:plain

 

雰囲気のよい、店内は残念名がら満席でした・・・。

f:id:chibo1217:20160817114914j:plain

 

台湾でベーグル?的な気持ちもありましたが、とてもおいしそうだったので、テイクアウトしてみました。

f:id:chibo1217:20160817114939j:plain

 

チーズといちごのベーグルをそれぞれ購入。

f:id:chibo1217:20160817151604j:plain

 

チーズがいっぱい。

f:id:chibo1217:20160817143757j:plain

 

もぐもぐもぐ。

f:id:chibo1217:20160817152958j:plain

 

ちょうど日曜日ということもあって、毎週日曜日にひらかれるシンプルマーケット(手づくり市)の準備をしている人がちらほら。

f:id:chibo1217:20160817143937j:plain

 

たまにぷぉ〜というラッパみたいな笛を鳴らして、アイスを売るおじいさんも。

f:id:chibo1217:20160817144222j:plain

気づいたらおらんくなっていて、買えなかったのが残念でした! 

 

13時になると、マーケットがスタート。

ジャム、アクセサリー、かばんなど、いろんなものが並びます。

f:id:chibo1217:20160817170616j:plain

通り雨に出くわし、雨がざーざー、空もちょっと暗い。

 

f:id:chibo1217:20160818143637j:plain

 

 

f:id:chibo1217:20160817194726j:plain

 

f:id:chibo1217:20160817170958j:plain

 

好,丘と広場を挟んで向かいには「眷村文物館」があります。

f:id:chibo1217:20160817170709j:plain

 

昔の生活スタイルを伝えていくためにオープンされた場所です。

f:id:chibo1217:20160817171051j:plain

日本人の私たちも懐かしさを感じる光景。

 

文物館の奥には児童館らしい場所もあって、子どもたちが遊んでいました。

f:id:chibo1217:20160817171324j:plain

 

f:id:chibo1217:20160817194315j:plain

 

歴史ある建物をただ保存するのではなく、交流の場としてオープンにし、時代にあった方法で活用していくスタイルはとてもいいなあ。

こんな場所が近くにもほしい。

 

レトロな雰囲気を満喫した後は、歩いて再び駅へ。

途中珍しい鳥を発見。ミゾゴイさんです。

f:id:chibo1217:20160817194809j:plain

 日本では環境省レッドデータブック(絶滅の恐れがある生きものについてまとめられた本)にも掲載されており、まさかこんな街中で見ることができるなんて!

本来であれば、平地から低山地にかけての森林に生息し、暗い森林を好むといわれている生きものなんです。

 

テンションのあがる怪しい日本人30代男女。

ここぞとばかりに写真をバシャバシャ撮りました。

 

九份まで鉄道でGo!

 その後は、MRTで台北駅へ。

ここからは鉄道に乗り換えて、千と千尋の神隠しの舞台にもなった九份に向かいます。

九份へはバスでも行けるのですが、宿の方が最寄り駅まで迎えにきてくれるとのことで、行きは鉄道で向かうことにしました。

 

目的地は最寄り駅の瑞芳駅。

f:id:chibo1217:20160818144332j:plain

 

青が普通、オレンジが準急、赤が特急の料金です。

f:id:chibo1217:20160817171420j:plain

 

時刻、行き先を示す電光掲示板を見ても、どのホームに行ってどの電車に乗ればいいか全く分からずない。

 

関空で購入したガイド本を見せながら駅員さんに聞いてみたけど、今度は返答が聞きとれずにわからない・・・。

f:id:chibo1217:20160818201542j:image

(一番早く着くチケットをください。の文章を指差してみたのですが・・・。) 

 

結局geogleマップで行き先を設定し、検索する→乗るべき列車の出発時刻が分かる→その時刻に発車する列車を電光掲示板から探す→乗るべき電車が普通列車だと分かる。

という過程を辿り、やっと切符を購入できる段階に!

f:id:chibo1217:20160817171430j:plain

瑞芳駅まで普通列車のチケット購入します。

 

f:id:chibo1217:20160817195032j:plain

 約40分の旅で運賃は49元(約150円)。安い!!

 

f:id:chibo1217:20160817171515j:plain

 

f:id:chibo1217:20160818144357j:plain

 そんなこんなで、なんとか列車に乗ることができたのでした!

さっそく瑞方駅に向かいます~。

 

好,丘
  • 営業時間:月~金10:00~21:30(お食事タイム10:00~14:30/17:30~20:00)
    ※14:00~17:30の時間帯はアフタヌーンティタイムで軽食のみの提供。
    土日9:00~18:30(お食事タイムは9:00~17:30)
  • 休業日:第一月曜日