かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

【今日のおやつ】ヤマミ醤油さんの甘酒×なかしましほさんのレシピで甘酒スコーンをつくったよ

 

出産してから、なぜか甘酒が好きになりました。

昔は嫌いだった、なんとも言えないあの甘みが大好きになったんです。

ただ甘いんじゃなくて、ゆっくりと醸成されて滋養強壮にききそうな甘み。

 

 

産後、出歩けなかった時には、美味しそうな甘酒を買ってきて!と旦那に頼んでいました。でも、おいしい甘酒って飲んでみないとわからないですよね。だから、彼はおそらくジャケ買いしていました・・・。

 

西予に移住してきてからお味噌にお醤油にと、お世話になっているヤマミ醤油さん。

買い物にいくといつも、おかみさんが甘酒をふるまってくれるのですが、めちゃおいしいんです。というわけで、ヤマミ醤油さんの甘酒を仕入れ、スコーンをつくってみました。

今回は2種類あるうちの、白寿でトライ!

 

f:id:chibo1217:20151214121933j:image

 

材料はお米と米こうじのみ。

 

f:id:chibo1217:20151214121945j:image
 
 
レシピは愛用中のなかしましほさんの本から!
 
 
f:id:chibo1217:20151214122200j:image
 
はじめてドライ〇〇づくりにトライしてみたものの、3〜4日目にカビがはえてしまい失敗してしまったんです。上の写真はかろうじて生き残ったセミドライさん。
 
なかしましほさんのレシピは牛乳・バターを使わないレシピが多いのですが、このレシピも菜種油しか使わず、水気と甘さは甘酒のみ。
 
しかも、基本混ぜて焼くだけなので簡単!
娘と散歩に行く前にセットして外出しました〜。
 
1時間後に帰ってくると、ドアを開けた瞬間に甘酒を筆頭とする焼き菓子の香りが漂ってきて、なんとも幸せな気持ちになります。
 
いい感じに焼けてました!

f:id:chibo1217:20151214122119j:image
 
表面の"てり"。ハケで塗った甘酒が活躍しています。
外はカリカリ、中はさっくりしていて食べやすい!
 
f:id:chibo1217:20151214122142j:image
 
自然な甘さなので子どもも好きな味だと思います。
まさに毎日食べたいごはんのようなスコーン。
 
ただ、このレシピ。
肝はいかにおいしい甘酒を仕入れるかにかかっています。
レシピでは甘酒を大さじ3しか使わないので、ちょっと奮発していい甘酒を購入し、残りは冷凍保存しておくのもいいかもしれません。
 
使う甘酒によって、味も違ってくると思うので、それも楽しみです。 
 
 f:id:chibo1217:20151214205341j:image