読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

MENU

尾道の噂のゲストハウス、「あなごのねどこ」に行ってきた。

ダンナです。

先日、尾道に立ち寄る用事がありました。

 

尾道は、近年、空き家をいい感じにリノベーションする取組でも知られています。

せっかくなので、そんな空き家再生の事例の一つ、ゲストハウス「あなごのねどこ」

宿泊してきました。

f:id:chibo1217:20151025205826j:plain

「あなごのねどこ」という一風変わった名前は、尾道の古い町家が

うなぎの寝床のように奥に細長い形をしていることと、尾道の特産品があなごである

ことから来ているそうです。

入口にはうごくパンダちゃん。この廊下を抜けていくと、受付があります。

f:id:chibo1217:20151025210141j:plain

 

ほんとに細長ーい不思議な構造。

f:id:chibo1217:20151025210346j:plain

室内はこんな感じ。

f:id:chibo1217:20151025210458j:plain

f:id:chibo1217:20151025212033j:plain

f:id:chibo1217:20151025212145j:plain

f:id:chibo1217:20151025212212j:plain

手づくり感あふれる室内ですが、水洗トイレ、シャワー、WIFIなど

自分にとって必要な設備は整っており、快適に過ごすことができました。

海外のお客さんにも人気で、自分が宿泊した男女共用ドミトリーでは、

日本人よりも海外からのお客さんが多かったです。

このゲストハウスは、尾道らしい家を後世に残すことを目的に活動している

NPO法人尾道空き家再生プロジェクトが再生したもの。

http://www.onomichisaisei.com/

尾道空き家再生プロジェクトは、空き家バンクを尾道市との協働で進めるなど、

いい形で行政と連携をしているようです。 

 

今回訪れたゲストハウス「あなごのねどこ」は、尾道商店街本通りの中、

エフエム尾道の向かいにあります。JR尾道駅から徒歩20分くらいと結構歩きますが、

ゲストハウスに向かう道中にも雰囲気のあるお店がちょいちょいあって、

歩くのがまったく苦になりませんでした。公式webサイトの楽しい道案内にもご注目。

 

 

尾道に立ち寄られた際は、是非訪れてみてください!

 

あなごのねどこ

http://anago.onomichisaisei.com/

住所:〒722−0035広島県尾道市土堂2丁目4−9

TEL:0848-38-1005

 

広告を非表示にする