読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

MENU

むろとまるごとBBQに参加してきた!【海苔・海岸編】

むろとまるごとBBQ、2日目はうみ路さんの青海苔養殖現場を

見学に行きました〜!

 

こちらが青海苔の養殖施設。

 

f:id:chibo1217:20150920213521j:plain

 

うみ路のはちやさんに、案内して頂きました。

手に持っているホースからは、海洋深層水が流れています。

「さわってみますか?」ということで、深層水に触れてみたのですが、

冷たい!約10℃で1年中一定の温度なんだそうです。

地上でいう、湧水のようなかんじですね。

この深層水は、取水しても使われずに廃棄される深層水を利用して

育てられています。

上の写真は養殖をスタートして数日経った海苔。

 

そしてこちらは、それより前の初期の段階の海苔。

 

f:id:chibo1217:20150920215434j:plain

 養殖されているスジアオノリは雌雄別なため、人工的に交配させる

作業が必要なんだそう。

 

ある程度おおきくなった段階で、大きな水槽に移されます。

 

f:id:chibo1217:20150920221403j:plain

 

水槽大きい!!この後、はちやさんから説明を受けて、みんなで青海苔

を干す体験をしました。

まず透明のコップを受け取り、一番上の線まで水槽から青海苔をすくい

とります。この段階までくるとかなり大きく、塊のようになってます!

 

f:id:chibo1217:20150920221633j:plain

f:id:chibo1217:20150921230944j:plain

 

次に、番号入りの洗濯ネットを受け取り、その中にコップに採取した青海苔

を入れます。

 

f:id:chibo1217:20150920221954j:plain

 

これをダッシーという脱水機で脱水して行きます。

↓ダッシーくん。

 

f:id:chibo1217:20150920222107j:plain

 

脱水後の青海苔。

 

f:id:chibo1217:20150920222358j:plain

 

すごく奇麗な黄緑・緑色。

この色だけでも、美味しそうな雰囲気。

 

f:id:chibo1217:20150920222431j:plain

 

みんなで、決められた区画に青海苔をのばしていきます。

私だけ、青海苔の香りをかいでいます。。

この段階では、そんなに香りはしませんでした。

 

f:id:chibo1217:20150920222846j:plain

 

このように薄くのばして干していきます。

 

f:id:chibo1217:20150920223112j:plain

 

できたー!

今回はうみ路さんのご厚意で、できた青海苔を送って頂けることに!

楽しみです〜!

最後に、隣にあったトコブシアワビの養殖施設を見せて頂きました。

 

f:id:chibo1217:20150920224010j:plain

 

こちらはトコブシ。海苔の養殖の排水で育てられています。

緑色が入った殻がきれい。トコブシは、食べる海藻の色によって、

殻の色が変化するそうです。

 

f:id:chibo1217:20150920224432j:plain

 

この性質を利用すると、七色の殻をもつトコブシ!というのもできちゃうそう。

一度、四国食べる通信を通じてうみ路のトコブシを頂きましたが、絶品でした!

 

養殖って、海を汚してしまうイメージがありました。

でもこちらのモデルでは廃棄される深層水を利用し、その中に含まれる

栄養分で養殖しているので海を汚さず、むしろきれいにして排水しているところが

すごい。是非、室戸の海をきれいに保ちながら美味しい海産物をつくり続けて

欲しいです。

  

この後は、ツアーの案内をしてくれた女子3人が好きな場所♡を案内してくれるとの

ことで、海岸に向かいました。

f:id:chibo1217:20150921092205j:plain

 

f:id:chibo1217:20150921151319j:plain

 

4月から室戸に移住し、うみ路で働いているいくちゃんから地形に関する

レクチャーを受ける図。海岸には珊瑚のカケラもあります。

 

こちらもともとは海だったところが隆起した様子。

 

f:id:chibo1217:20150921151754j:plain

 

背丈よりも大きな岩が沢山あるのが印象的でした。

そして、海岸沿いをもう少し進むと、3人のパワースポットが見えてきました。

 

f:id:chibo1217:20150921151824j:plain

 

国の天然記念物にも指定されているあこう林。

見た瞬間圧倒されて、以前行ったカンボジアの遺跡を思い出しました。

3人は迷ったり、悩んだりした時に来てここで数時間考えごとをしたり、

最後にはパワーをもらって帰っていくそうです。

そんな場所が近くに、しかも自然の中にあるっていいなぁ。

そして、やっぱり自然とともに生きる人とその姿勢が

この地域の魅力だなあと思ったのでした。

 

広告を非表示にする