読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとう家の小ばなし

愛媛県西予市に移住し、地域おこし協力隊として働く旦那とその家族の日常を、嫁ときどき旦那の目線で綴ります。

MENU

【帰省中】山口県萩市|リノベーションしてオープンした美容院、kilicoさんに行ってきた。

ただ今、実家の(山口県萩市に帰省中。
小さな子がいるとなかなか美容院に行くのが難しいので、
娘を母に預けて行ってきました!
 
今回髪を切ってもらったのは、kilicoさん。
萩でゲストハウスrucoを営まれているシオさんに紹介して
頂きました。
 
もともと古着屋だった場所をリノベーションしてオープンされたkilicoさん。
今後空家を借りてリノベーションしたい私は興味津々で伺いました!
 
コンセプトはめんどくさい店
 

f:id:chibo1217:20150723163614j:plain

シンプルで落ち着いた色の外観。

以前は古着屋さんとして使われていたんだそう。

 

お店はオーナーの内田さん1人で切り盛りされているので、席は1つしかありません。
そんなお店のコンセプトは、「めんどくさい店」。
「1人で店をやるということはすごく大変なこと。だから、めんどくさいことを丁寧にやっていくことが大事。」
と、ある大工さんから言われたことがきっかけで決定したんだそう。
 
カットしてもらっている最中、印象的だったのは
天井に吊るされた滑車に取り付けられたコンセントにドライヤーのコードをさし、
使わない時はしまい、取り出してはまたさすという動作を丁寧にされていたこと。
普通なら、コンセントをさしっぱなしにするところを、
あえて出し入れする一連の動きが、丁寧なんだけどコミカルに見えました!
 
働く側としての効率の良さよりもお客さん自身の居心地の良さを
大切にしているんだろうなと感じられる佇まいでなんです。
 
こだわりのカット席
 

f:id:chibo1217:20150722172404j:image

 

足下には傾斜のついた踏み台があるので、いい感じに体が固定されて

とても座り心地がいいんです!

これなら長時間、体に負担もなく快適に座っていられそう。

 

そしてカット席の正面にはあるのは、ドアの枠を利用した鏡。

よく見ると、左側の木枠には引き戸に必ずついている凹みがあります。

席の右側にある、枕木を利用してつくられた棚は存在感たっぷり。

 

洞窟感たっぷりのシャンプー台
f:id:chibo1217:20150722172424j:image
 

まるで洞窟に入っていくような感じの落ち着いた雰囲気。

海・夜空を思わせるような色の青で、リラックスできました。

 

シャンプー台に座ると目の前には、ステンドグラス風にアレンジされた
いろいろな材質の窓ガラスを見ることができます。
 
f:id:chibo1217:20150722172458j:image
 
一番のおすすめポイントはトナカイの影だそう!
 
f:id:chibo1217:20150722172527j:image
 
カット台の方から見たらこんな感じ。
廃校などから磨りガラスをゲットし、鉄枠にはめ込んでいったそう。
となり合う磨りガラスの模様がそれぞれ異なっているのがおもしろい。
黒っぽい鉄枠は、加工して質感を出しているそうです。
 
 
居座ってしまいそうな待合室
 
f:id:chibo1217:20150722172617j:image
 
少し天井が低くなっていて、安心感を感じるつくりになっています。
萩市の家具職人さんがつくられたソファも、味わい深い色合いで素敵!
本も、雑誌から絵本まで沢山あるので、のんびり順番を待つことができそう。
f:id:chibo1217:20150722172601j:image
細部にちりばめられた昭和なものたち
 
こちらも、廃校から入手して取り付けられた引き出し。
 
 
f:id:chibo1217:20150722172632j:image
 
この中に、必要なパーマ液などをいれているそう。
使う側としては、「引き出しを開けて取り出す」という一手間が必要で、
一見めんどくさそうな感じですが、空間的にはすっきり。
 
ストライプ的に並べられている、パステル調の板は、
リノベーション前からこの場所にあった廃材でとても貴重なものなんだそう。
 
経年変化でしか出せない優しい色合いが、居心地をよくさせているんだろうな。
滞在中は、美容院にいるのかカフェにいるのか分からなくなりました。
 
こちらはカウンター。
 
f:id:chibo1217:20150722172644j:image
  
そして、ここに出店を決める決め手の1つになった天窓。
 
f:id:chibo1217:20150723165243j:image
 
天窓はもう1カ所あって、優しい光が差し込んできます。
古着屋さんの前は一体何屋さんだったんだろう?
 
こちらは、枕木を利用したドアを引く(押す)部分。
 
f:id:chibo1217:20150722172924j:image
 
握るとすごくフィットする、絶妙ななめらかさ。
丸2日間、削り続けたんだそう。
 
これまでのこととか
 
オーナーの内田さんのお話も面白くて、あっという間に時間がすぎていきました。
 
もともとこの場所ではなく、海に近いところでひっそりとお店をスタートさせようと
していたこと。でもシオさんたちと出会って、場所って環境的な要素だけではなくて
人と一緒につくっていく要素もあるなと思い、rucoとも近い今の場所にお店をもとうと決めたこと。
 
美容関係の研修にも行ったりするんですが、その道のカリスマ的な人より、
地元の萩焼の職人さんから学ぶ仕事への向き合い方の方がためになるなって
思うことがあるんです。
 
 美容師です!っていうよりは、美容師もやってます!というのを目指してます。
いろいろやれる中の1つ、みたいな感じで。もちろん技術を磨く努力は続けていきますよ。
 
美容師さんと、生き方や在り方的なお話をしたのははじめてだったので新鮮でした。
ずっと地元にお店を開きたくて、目標としていた30代までに念願のお店をオープンさせた内田さん。
 
これからお店がどのように進化していくかとても楽しみ!
 
また帰省した際には、行ってみたいと思います。
近くにパン屋さんもオープン予定らしいので、ますます楽しみ!
 
kilico
【住所】山口県萩市唐樋町87
【電話】0838-21-7004
【営業時間】AM9:00 - PM7:00
【定休日】月曜日,第一火曜日
広告を非表示にする